エレベーターの点検は定期的に行なうのが常識

作業者

マンション設備のメンテ

エレベーターの中

業者選びのポイント

マンションの設備のひとつとして欠かせないのがエレベーターですが、マンション全体の管理を業者に任せている場合であっても、エレベーターの保守に関して、別業者に頼むというのはけっして非現実的なことではありません。なぜなら、エレベーターそのものが独立した設備であり、その保守にはマンション管理とは別個の専門性が必要となるからです。エレベーター業者には大きくメーカー系と独立系の二種類があります。前者は文字どおり、メーカー直属の保守部門、あるいはメーカー直列系の保守専門会社のことで、自社で取り扱っているエレベーターのみを独占的にメンテナンスするという特徴があります。そのため、保守料金については中間マージンが発生する場合もあり、割高になることもあるため注意しましょう。後者はどのエレベーター業者にも属していない、メンテナンスのみを専門に扱っている業者です。製造メーカーではないため、どのメーカーのエレベーターでも請け負うというのが特徴で、また、保守料金が安く済むという傾向もあります。どちらも技術的に大きな差はないため、選ぶ際にはメーカーだからこその安心感を選ぶのか、それともコストを重視するのかといった基準をはっきりさせることが肝心です。その上で、エレベーターは安全第一であることを前提に、緊急事態発生時の対応や賠償責任保険の内容、昇降機検査資格保持者の人数、対応の時間帯などをチェックし、納得のいく業者を選ぶ必要があります。